著者紹介

大谷 達也

大学卒業後、電機メーカーの研究所にエンジニアとして勤務。1990年に自動車雑誌「CAR GRAPHIC」の編集部員へと転身。同誌副編集長に就任した後、2010年に退職し、フリーランスの自動車ライターとなる。現在はラグジュアリーカーを中心に軽自動車まで幅広く取材。先端技術やモータースポーツ関連の原稿執筆も数多く手がける。2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考員、日本自動車ジャーナリスト協会会員、日本モータースポーツ記者会会員。

thumnail
|大谷 達也
フェラーリ初の4ドア4シーター『プロサングエ』とは?|マラネッロから大谷達也がリポート
design
thumnail
|大谷 達也
マセラティ 16年ぶりのスーパーカー『MC20』に乗る|マセラティらしさはより明確に
design
thumnail
|大谷 達也
これがフェラーリ渾身の12気筒モデル!フェラーリ デイトナSP3に試乗|約2億6000万円。世界限定599台。もちろん即完売
design
thumnail
|大谷 達也
ホントにこれでいいの?ゼロエミッション時代の地球はどんな姿なのか?|電気自動車大増産時代の課題を専門家に聞く
design
thumnail
|大谷 達也
マセラティとはなにか?歴史から現在を紐解く|フェラーリともランボルギーニとも違うエミリア・ロマーニャの風
design
thumnail
|大谷 達也
まるで路上のコンセプトモデル。SUVの頂点『レンジローバー』5代目|どこから見てもレンジローバー。なのに見たことないレンジローバーに乗る
design
thumnail
|大谷 達也
日本でも直6復活! マツダCX-60のプロトタイプに試乗|なぜいまさら? 直6が自動車界で熱い理由
design
thumnail
|大谷 達也
超静かなる電動Eクラスに試乗。メルセデス・ベンツは『EQE』をどう仕上げた?|EV化はクルマをつまらなくしない!
design
thumnail
|大谷 達也
メルセデスベンツが次世代EVを提案!コンセプトカーが驚きの航続距離を実現|メルセデスベンツ『ビジョンEQXX』
design
thumnail
|大谷 達也
ボルボの最新BEV「C40リチャージ」はインテリアもレーザーフリー|最先端のクルマ事情(第1回)
design
thumnail
|大谷 達也
ランボルギーニもEV化⁈ スーパースポーツカーの将来計画とは?|ランボルギーニCEO ステファン・ヴィンケルマン インタビュー
design