著者紹介

鷹橋 忍

神奈川県出身。洋の東西を問わず古代史、中世史の文献を渉猟し、博覧強記を誇る。英雄たちの生き様やその最期にとくに感心がある。別のペンネームで小説家としても活躍している。著書に『滅亡から読みとく日本史』(河出書房新社)などがある。

『鎌倉殿の13人』北条氏最大のライバル・比企能員の生涯と一族の運命
『鎌倉殿の13人』鎌倉武士の鑑と称された畠山重忠の生涯と二俣川の戦い
『鎌倉殿の13人』侍所別当・和田義盛の生涯と巴御前との行方
『鎌倉殿の13人』源頼朝の「懐刀」梶原景時の生涯と失脚の謎
『鎌倉殿の13人』源頼朝を助けた三浦一族と、義澄・義村父子の生涯
『鎌倉殿の13人』大江広元はどんな人?頼朝の知恵袋として幕府を支えた官人
『鎌倉殿の13人』北条時政はどんな人?命運を握る妻・牧の方(りく)との生涯
イスタンブールの至宝・トプカプ宮殿で起きた、ハレムの悲劇
『鎌倉殿の13人』源頼朝の妻・北条政子の生涯とゆかりの地
『鎌倉殿の13人』新垣結衣演じる源頼朝の前妻・八重姫の生涯
『鎌倉殿の13人』主人公・北条義時の前半生と、源頼朝との関係
幾度の戦乱を乗り越えた、世界最大級の城郭・プラハ城の「奇跡」
『鎌倉殿の13人』源頼朝が「鎌倉殿」となるまでと、ゆかりの地
「ドラクエ」のモデル?世界最北に位置する中世の城、オラヴィ城
ムガル帝国の栄華と終焉、そしてインド独立を物語る「赤い城」
意味不明?天才皇帝が「8」にこだわったイタリアの城の真実
猫とビールの街、アイルランド・キルケニーの巨大な石造りの城
大司教の隠れ蓑、絢爛にして強固な要塞、ホーエンザルツブルク城
牙が注射針に?ワクチン接種会場となった「ドラキュラの城」
パリコレモデルも輩出するデンマーク王家が誇る巨城