著者紹介

酒井 政人

1977年、愛知県生まれ。東京農業大学1年時に箱根駅伝10区出場。その経験を生かして、陸上競技・ランニングを中心に取材。現在は、『月刊陸上競技』をはじめ様々なメディアに執筆中。著書に『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図』(角川新書)『箱根駅伝ノート』(ベストセラーズ)『ナイキシューズ革命: “厚底”が世界にかけた魔法』『東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと』(ともにポプラ社)。

東京五輪6位入賞「ラストラン」大迫傑とナイキが紡いできたもの
東京五輪、陸上でW快挙を果たした三浦、廣中、田中の強さの理由
驚異的記録を出した泉谷、400mの黒川…男子ハードルに注目!
日本長距離界の新時代を牽引する相澤晃と伊藤達彦のライバル物語
歴代記録を塗り替え続ける陸上・三浦龍司の魅力と可能性