著者紹介

田丸 昇

1950年5月5日、長野県北御牧村(現・東御市)に生まれる。1965年、佐瀬勇次名誉九段の門下で奨励会(棋士養成機関)に入会。1972年、四段に昇段して棋士になる。1979年、六段に昇段。1989年、日本将棋連盟の理事に就任し、主に出版部門を担当。1991年、八段に昇段。1992年、順位戦でトップのA級に昇級。2001年、『将棋世界』編集長に就任。2013年、九段に昇段。2016年、現役棋士を引退。著書は『熱血の棋士 山田道美伝』(日本将棋連盟)、『伝説の序章 天才棋士 藤井聡太』(清流出版)、『名人を獲る 評伝 米長邦雄』(国書刊行会)など多数。

藤井聡太「五冠」なるか?四冠までの軌跡と「王将戦」の展望
最年少「三冠」の藤井聡太、前人未到の「八冠」を達成する可能性
史上最年少で「三冠」、藤井聡太の飛躍の理由と「四冠」への期待
記録より将棋の真理を追究。藤井が果たすべき使命
藤井聡太が熱中した、祖母との対戦と意外な趣味
AIを超える知能で獲得した史上最年少のタイトル