著者紹介

中井 治郎

社会学者。1977年、大阪府生まれ。龍谷大学社会学部卒業、同大学院博士課程修了。大学に身を潜め、就職氷河期やリーマンショックをやり過ごしてきた人生再設計第一世代。現在は京都で暮らしながら旅行に出かける合間に非常勤講師として龍谷大学などで教鞭を執る。専攻は観光社会学。主な研究テーマは文化遺産の観光資源化。著書に『パンクする京都 オーバーツーリズムと戦う観光都市』『観光は滅びない 99.9%減からの復活が京都からはじまる』(星海社)など

新たな京都名物「元小学校のホテル」の誕生。美を競い合った町の学び舎の未来
もっとも京都らしくない?京都名物「京都タワー」の謎
京都の定番を超える?「発見」された日本の原風景・美山町の奇跡
劇場版『きのう何食べた?』で描かれた、大人になるための「京都」
鴨チル、鴨川等間隔…京都を特別な街にしていたのは鴨川だった
コロナ禍という逆風のなかで始まる、京都の新しい宿屋のカタチ
「お宿バブル」から淘汰の時代へ、京の宿屋に何が起きているのか
幽霊屋敷を有効活用?観光から居住へシフトする京都
秋から春に変わった京都の旬と変わらない自意識
観光都市・京都を襲った未曾有の危機と歴史的転換点