シャネル J12
RECOMMENDED BY 福留亮司

撮影=唐澤光也(RED POINT)文=福留亮司

2019年にリニューアルされたが、一見違いがわからないほど、ベースデザインは踏襲されている

高級腕時計の概念を変えた

 シャネルの腕時計「J12」は、高級腕時計の概念を変えたモデルと言っていいだろう。それまでの腕時計といえば、シルバーもしくはゴールドが定番色だった。そこにブラック、ホワイトという新しい色を加えたのである。さらには、その素材であるセラミックは傷が付きにくく経年劣化もしにくいという代物だった。そこにシャネルが創作した新しいデザインが加わることで、ファッション性を備えた実用時計に注目が集まることとなったのだ。

 ちなみに「J12」という名は、ヨットレースの最高峰アメリカズカップにかつてあったカテゴリー“クラスL”に由来する。ヨットという高級スポーツ、過酷な状況での使用に耐えうる防水性、堅牢性を備えた腕時計に相応しいネーミングである。

 2000年に登場した「J12」は、機械式ムーブメントを載せた伝統的な構造と印象的なデザインと、セラミックを融合させた新しい腕時計だった。このモデルが、その後の時計界に影響を与えたことは想像に難くない。シャネルの創始者であるガブリエル・シャネルが、女性をコルセットから開放したように、伝統を重んじる高級腕時計から色や素材への固定観念を見事に取っ払ってみせたのだ。

 今世紀に入って誕生した腕時計に多様なケースやブレスレットが見られるようになったのも、「J12」の影響があったからと言えるだろう。

 

シースルーバックに詰まったシャネルの美学

一見、大きな変更はないが、ベゼル幅を縮小した分ダイヤルをワイド化した。また、針の長さと太さのバランスを調整している。また、レイルウェイの5分刻みの目盛りの色を変えたことで視認性が向上している。堅牢なケースは、200mの防水性を誇る

 そんな「J12」も20周年を前にしてリニューアルされ、コレクション初の“シースルーバック”モデルとなった。ただ、ニューモデルを初めて目にしたときは、まったく変更点を見つけることができなかった。

 シャネルに確認すると、アラビア数字のインデックスがポリッシュされたセラミック製に変更されたり、先に述べたシースルーバックなど、細かな部分が変更されているという。そうやってディテールを確認していくと、より洗練されたことがよくわかるのだ。

 もっとも大きな変更点は、時計の心臓部であるムーブメントであった。これまでの汎用ムーブメントからケニッシ社製のオリジナル自動巻きムーブメントに変更したのだ。これはシャネルがムーブメント会社のケニッシ社の株式を取得し、資本参加したことによるものである。ケニッシ社は、チューダーにムーブメントのパーツを供給のうえ、共同開発しているメーカーで、堅牢かつ高性能な自動巻きムーブメントに定評がある。

 ニュー「J12」に搭載されたムーブメントは、より強力になり、持続力の証であるパワーリザーブが、40時間から70時間へと大幅に向上している。さらにはスイスの時計界において、精度に関するリトマス試験紙のような役割を果たしているCOSC(スイス公認クロノメーター検定協会)の認定機にもなっている。

 伝統的であり先進性がある、堅牢でありファッション性がある、という相反する特徴を持ち合わせている「J12」。それは仕事と遊びを両立させているようなもので、現代のビジネスマンにとてもフィットしていると思うのだが、いかがだろうか。

ケニッシ社製のムーブメント、Cal.12.1。2万8800振動/時で、パワーリザーブは約70時間である